TIPS:ゲームシステムなど

2022年1月8日

ルート保護簡単製作ボタン(オプション) (0.49.0)

  • 既存の簡単製作(Z)ボタンが強制簡単製作に名前が変更され、ルート保護簡単製作ボタンが追加されます。
  • 強制簡単製作:既存通り一番左側にあるアイテムを製作します。
  • ルート保護簡単製作:ルート目標ではないのにルートで必要とする材料を消耗する場合に簡単製作をしません。(例:レーダーがルート目標にあって、壊れた腕時計上位アイテムが目標にない場合、壊れた腕時計を簡単製作しません。)
  • 既存のプレイヤーはルート保護簡単製作ボタンが空になり、オプションで希望するキーを設定することができます。
  • 新しいプレイヤーにはルート保護簡単製作が<Z>に設定され、強制簡単製作ボタンが空いています。

箱内の材料で製作機能(0.49.0)

  • これから、インベントリが満タンになっても箱にある材料で製作することができます。
  • 箱を開ける同時にすでに持っている材料で製作するプレイを損なわないため、箱内の材料は簡単製作の後順位となります。

クールダウン減少最大値

クールダウン減少最大値 30%(0.47.0)

加速境界

2日目になると全ての加速境界が消えるようになりました。(0.41.0)

加速境界地域と地域の境界に加速境界が設置されます。
加速境界は、ゲーム序盤の無制限的な追撃を難しくする手段で、徒歩で地域間の移動時間を短縮します。また、ハイパーループを使わなくてもより効率的に移動できます。

  • 加速境界を触ると加速境界がなくなり、触れた実験体の移動速度が3秒間で35% 増加します。(0.47.0で2秒間 30% → 3秒間 35% に変更)
  • 移動速度増加効果は、移動以外の他の行動をすると消えます。
  • 消えた加速境界は7秒後に再生されます。

(0.37.0)

ハイパーループついて

ハイパーループの敵味方判別機能(0.41.0)

デュオスクアッドでハイパーループを使用した場合、味方の場合は移動先に現れる円が緑色に、敵の場合は赤色に表示されるようになりました。

無敵時間(0.37.0)

ハイパーループに到着してから1秒間、基本攻撃とスキルのターゲットにならず、すべてのダメージを無視します。

ハイパーループに到着してから1.5秒間、基本攻撃・スキル・アイテム使用が不可になり、移動速度が30%減少します。

ワープキャンセル(0.35.0)

束縛のスキルでハイパーループの利用をキャンセルさせることができるようになりました。

束縛のほかにも、気絶、エアボーン、ノックバック、恐怖、魅惑、制圧、シセラのEのような位置を移動させるスキルなどでハイパーループ使用中の実験体のワープをキャンセルすることができます。

騒音ピング

  • 戦闘による騒音ピング距離  20m
  • 銃器使用騒音ピング距離 35m
    (0.42.0)

騒音ピングには10秒のクールタイムがあります。 (0.31.0)

固有ダメージ(0.36.0)

アイテム説明で「固有ダメージ」と表記されているダメージタイプの公式定義です。
「基本攻撃追加ダメージ」や「スキル攻撃追加ダメージ」などのいわゆる「固定ダメージ」とは異なるので注意が必要です。

固有ダメージは、防御力によって軽減され、致命打・スキル増幅・基本攻撃増幅・スキル/基本攻撃追加ダメージが適用されません。
発火・刺は固有ダメージではなく、固定ダメージを使用します。

なお装備アイテムの「固有効果」は、重複しない効果のことをいいます。
例えば、「通常攻撃射程+1m」と「通常攻撃射程+0.75m」を同時に装備すると、 「通常攻撃射程+1m」 のみが反映されます。

レベル差によるボーナス(0.35.0)

最もレベルが高い生存者とレベル差が3以上の時、レベル差による経験値のボーナスが増加します。

ゲーム開始前の準備時間・スタートダッシュ(0.33.0)

ゲーム開始後、しばらく時間を与えて序盤のルートをより戦略的に選択できるようにします。
ゲーム開始後、スターティングのポイントに到着する演出が追加され、5秒間移動できません。
以降7秒間(0.45.0で2秒延長)、スタートダッシュのバフが適用されます。スタートダッシュは移動速度70%(0.36.0で移動速度増加)が増加しますが、攻撃・スキル使用・箱を開けるなど移動以外の動作をすると、すぐに消えます。
最初の衛星レーダーは10秒間作動します。
キャラクター選択とルート選択の時間が5秒ずつ減ります。

スタート位置が良くない位置だった場合、スタートダッシュ中に素早く位置を変えることができます。

残った材料を一気に確認(0.31.0)

マップでAltを押すと、どこのマップでどの必要素材がとれるか確認できます。

生存者だけターゲット (0.29.0)

生存者だけを照準できるトグル機能が適用されます。

  • F4キーを押すとマウスカーソルが死体、監視カメラ、トラップなどの敵を選択しない「生存者照準」状態になります。
  • もう一度F4キーを押すと元通りになります。
  • オプションからショートカットキーを変更できます。

重なった死体/アイテム獲得 (0.29.0)

Altキーを押している間では死体/地面に落ちたアイテムの名前が表示され、これを右クリックすることが拾うことができます。特に重なっていてクリックが難しいアイテムを簡単に獲得することができます。

最終禁止区域(0.29.0)

最後の地域が禁止区域予定地になると次のようにゲームが進行されます。

  • 臨時セーフゾーンが二ヶ所予告されます。
    • すべての生存者に禁止区域カウント15秒追加(0.44.0で20秒から15秒に変更)
    • 60秒後次のフェイズへ進行
    • 臨時セーフゾーンは各地域ごとに決められている(建物の中が多い)
    • 臨時セーフゾーンは最後のセーフゾーン(セキュリティコンソール周辺)とは異なる
    • 生存者が二人の場合は臨時セーフゾーンフェイズを省略する
  • 臨時セーフゾーンが活性化されます。
    • 臨時セーフゾーン以外のすべての地域は禁止区域になる
    • 臨時セーフゾーンは一人だけが滞在可能
    • 2人以上が進入するとセーフゾーンが非活性化 / また1人が残ると再活性化
    • 臨時セーフゾーンは60秒間維持
  • 臨時セーフゾーンが解除され、最終セーフゾーンが予告されます。
    • すべての生存者に禁止区域カウント10秒追加
    • 最終セーフゾーンは既存と同様
    • 30秒後次のフェイズへ進行
  • 最終セーフゾーンが活性化されます。
    • 最終安全地帯ルールは既存と同様(2人滞在可能)
    • 60秒間維持

衛星レーダー(0.27.0)

  • 日付が変わる度に衛星レーダーが起動し、5秒間すべての生存者の位置をミニマップに表示します。
  • 夜 → 昼になる時に作動し、昼 → 夜になる時は作動しません。
  • ゲーム開始時(1日目の昼)には拡張ミニマップ(M)が自動的に開いて、周辺の生存者のスターティング位置を確認することができます。ミニマップは5秒後自動的に消えます。
  • 衛星レーダーは視界を提供したり、スコアボード(Tab)を更新しません。